税に関する申告の代理、税務調査の立会い、確定申告書作成といった内容が主な仕事の税理士。

そんな税理士がいる税理士事務所で働きたいと考えている方のために、税理士事務所に就職するために有利になる資格やスキルをご紹介したいと思います。

まず、税理士事務所での仕事として、補助者と監査担当者というものがあります。

●補助者

基本的なパソコン操作が必要になります。

また、経理に関する仕事を任されることも次第に多くなってくるので、簿記も習得しておくとよいでしょう。

具体的には簿記三級、できれば二級を持っておいたほうがよいとされています。

伝票を書く機会が多くなるため、なるべく早くに資格を取得することをおすすめします。

●監査担当者

税務に関する一定の知識が必要になります。

税理士科目合格者を採用の条件としている求人がほとんどとなります。

また、お客様ともお話しする機会が多くなりますので、できればコミュニケーション能力に長けていると有利です。

税理士そのもののニーズが高くなっている昨今ですから、当然税理士事務所も多くの求人を出します。

履歴書に記載すると有利になる資格やスキルを身に着けておくことで、就職も有利になりますよ。

ぜひご参考にしてみてください。

Tags: